2019年度

実施月 実施期間 事業別 事業名 参加対象
(募集人数)
募集状況
4 20(土) 鳴き声サクセションⅠ
夕方から夜間にかけて森に棲む生き物の鳴き声に耳を澄まし記録することで、昼行性から夜行性への移り変わり(サクセション)を実感する
一般郡民15名 -終了-

活動報告
5 5 (日)  こどもまつり
子どもの健やかな成長を願い、昔の遊び体験、自然学習製作活動を通して懐かしい素朴な生活の良さを知り、人間関係の関わりを学ぶ。
一般郡民800名 -終了-
5 5 (日) ~16 (木) 生き物写真パネル展
八重山に生息する小動物、野鳥、カエル等の写真パネルを展示し、自然への関心を高める機会とする。
一般郡民50名 -終了-
5 24(金)~25(土) 南十字星観望会
八重山星の会との連携事業。この時期にしか観測できない南十字星を観望し、星空への造詣を深める。
一般郡民200名 -終了-
6 1(土) ナイトウォーキング
ウォーキングしながら、前勢岳に生息する夜の生き物たちの生態を学び、自然を大切にする心を養う。
一般郡民20名 -終了-
6 16(日) 登山シリーズⅠ
石垣島の山に親しみ、健康増進を図りながら、たくましい力と自然観察を通した自然を大切にする心を養う。
一般郡民20名 -終了-
6 23(日) カヌー体験自然探検シリーズⅠ
ラムサール条約に指定されたアンパルの湿地で、生物やそこに育つマングローブ植物を観察・学習し、動植物の関連を学びながら自然を大切にする心を養う。
一般郡民20名 -終了-

6 25(火) あやぱに自然体験(不登校児)
「植える」→「収穫」→「食す」という一連の過程から勤労・食育・コミュニケーション能力を育て。自然体験を通して逞しく生きる力を養う。
児童・生徒10名 -終了-
7 24(水) 火星、木星、土星観察会
天体望遠鏡で火星・土星・木星・月などを観察し、専門家による解説を聞きながら、天体への興味や知識を深める。
一般郡民30名 -終了-
8 3(土) 南の島の星まつり
星に関する一連のイベント、展示等を通して八重山の星空への関心をより広くもってもらう。 
一般郡民800名 -終了-
8 18(日) 与那国クラフト
与那国町内の小学生を対象に、自然の素材を利用したミニ玩具、小物づくりなどを学習し、昔の生活に触れる機会とする。
児童・生徒80
-終了-
8 25 (日)  瓦でシーサーづくり
沖縄の伝統文化に触れる機会と、創作活動の中から楽しんでオリジナルのシーサーを完成させる。
一般郡民(20体) -終了-
9 15(日) 望遠鏡
仕組みを理解しながら手作りの望遠鏡に挑戦し、初歩的な月の観測等を通して、天体観測や野鳥観測を学ぶ。
一般郡民15名 -予定-
10 25(金) 星空コンサート
美しい音楽の生演奏を聴きながら綺麗に澄み切った夜空を眺め、澄んだ音色と共に心安らぐ時間を味わう。
一般郡民50名 -予定-
11 23(土) 小物づくり
エコクラフトテープを利用して、身近な生活必需品のすてきなバッグづくりに挑戦し、物を大事にする心を養う。
一般郡民20名 -予定-
12 27(金) 部分日食を観よう
何年か周期で回って来る天体現象を観察し、宇宙への関心を高める機会とする。
一般郡民30名 -予定-
12 28(土) 門松づくり
新しい年を迎えるに当たり日本古来からの伝統文化である門松づくりに、健康・長寿の祈りを込めて挑戦する。
一般郡民20名 -予定-
1 5(日)  カーサームーチーづくり
健康、長寿を祈願して、沖縄の伝統のおやつ「カーサームーチー」づくりに挑戦する。
一般郡民20名 -予定-
1 11(土) 登山シリーズⅡ
沖縄一高い“於茂登山”に挑戦し、自然を観察し、自然に親しむとともに、今年一年の体力造りと、新年の抱負を誓う。
一般郡民25名 -予定-
1 18 (土) 一等星マラソン
石垣島では時期によりほとんどの一等星を観測することができる。その機会にマラソンのように一等星を見える順に観測していき、星への造詣を深める。
一般郡民30名 -予定-
1 24(金) あやぱに自然体験(不登校児)
「植える」→「収穫」→「食す」という一連の過程から勤労・食育・コミュニケーション能力を育て。自然体験を通して逞しく生きる力を養う。
児童・生徒10名 -予定-
2 16 (日) 青少年の家祭り&遊びリンピック
特色あるイベントを工夫し、遊び・体験を通して、自ら学び、考え、創造する力を養う。
一般郡民500名 -予定-
2 23 (月) バードウォッチング in 石垣島 
八重山に生息する鳥の生態、渡り鳥等について実地調査をし、自然への関心を深める。
一般郡民20名 -予定-
29 (土)~3月1日(日) 3・4年宿泊学習
親元を離れた宿泊・自然体験を通して強い身体と心を養い、高学年になる意識を高める。
小学3、4年生児童20名 -予定-
2 29 (土)  冬の星座観察会
空気の澄み切った冬の季節にオリオン座を中心とした明るい星、冬の大三角形を観察することにより、星への関わり、宇宙への興味関心を育て、大きなロマンを抱かせるようにする。
一般郡民30名 -予定-
3 26 (木) ~
27 (金)
うりずん星空教室
うりずんの季節の
夜空を九州一の天体望遠鏡を使って、プロの星空解説を聞きながら、宇宙へのロマンを湧き立たせる。
一般郡民60名 -予定-

凡例

:主催事業 :連携事業 :自主事業