ようこそ!沖縄県立石垣青少年の家へ

沖縄県立石垣青少年の家 ご利用案内

施設利用にあたって

利用できる団体
「青少年の家」の目的に沿って、宿泊又は日帰りで当施設を利用する下記団体。
少年団体(例)学校(学年・学級・生徒 会・部活動等)、幼稚園・保育園等
一般団体(例)婦人会、老人会、研修会実施の官公庁・企業等
その他(所長が適当と認めた団体 ※例)家族(条件あり)、県外・国外の団体
※詳細については当施設までお問い合わせ下さい。
利用の必須条件
成人又は青年の引率責任者が定められていること
あらかじめ申請書や計画書のなかで、具体的な研修計画を定めていること
利用できない日(受け入れ業務をしない日)
年始(1月1日〜1月3日)
臨時休所日(特別の事情により所長が必要と認めた日)
利用できない団体(下記の禁止事項を行う団体)
特定の政党を指示、又はこれに反対する政治教育やその他の政治的活動
特定の宗教を指示し、又はこれに反対するための宗教教育その他の宗教的活動
専ら営利を目的とする活動
その他機構の目的に反する活動
  
  

ページの先頭へ

  
利用に当たっての留意事項
宿泊室内での飲食は一切できません
親睦や交流を目的とした飲食は、事前に場所時間を指定しますのでご相談下さい
宿泊室の夏季冷房の稼働時間は、午後10時頃~翌日午前3時頃迄となっています
花火は原則禁止しています。活動においての火の取扱いには十分注意して下さい
貴重品は団体で責任をもって管理して下さい
施設・設備を破損又は亡失したときは、団体側が弁償していただく場合があります
  

ページの先頭へ

  

戻る

  

施設利用料金(2014年4月更新)

宿泊料・施設利用料
児童・生徒 学生・一般
宿泊室(1泊・1人) 310円 620円
テント泊(1泊・1人) 150円 260円
研修1.2/1時間 150円 360円
プレイホール
(大研修室・体育館/1時間)
360円 720円
薪代(1人) 30円
キャンプファイヤー(1回) 1030円
バーベキュー(1回) 780円(炭はご持参ください)
カヌー・サバニ運搬(往復) 520円
シーツ・枕カバー洗濯料(1人) 150円

宿泊料・施設利用料の免除について

食費
一人
朝食 520円
昼食 570円
夕食 620円
合計 1,710円

ページの先頭へ


ご利用手続きについて

お申込み手順
2週間前までに窓口または電話で利用日、人数、時間場所を確認し仮予約します。
使用許可申請書、研修計画表を入手し記入後、提出します。
※団体によっては使用料免除申請書を提出します。
使用許可申請書提出後、3日以内に研修計画表を提出します。

各種申請書はこのホームページよりダウンロード又はFAXにて入手出来ます。  各種申請書

職員と打ち合わせ
宿泊を伴う利用や、初めての利用の場合は、部屋割・食数・研修内容などを打ち合わせします。(使用許可申請書、研修計画表の提出)
打ち合わせは、代理人でなく、団体の担当者の来所が原則です。(島外は電話打ち合せ可) ※食数の変更は、利用日の3日前までです。以降の変更は出来ません。

予約成立!
入所当日は入所受付表に利用する人数・施設・時間を記入し、施設利用料をご利用団体でまとめてお支払い願います。
※施設利用料は現金にてお願いいたします。お振込の場合は担当職員までお問い合わせください。
疑問な点等があれば、ご遠慮なくご連絡ください。
TEL(0980) 82-7301 / FAX (0980) 83-7901

ページの先頭へ


各種申請書(2017年5月更新)

 

提出書類

利用許可申請書 リンクPDF:149Kb リンクWORD:32Kb
研修計画表 リンクPDF:80Kb リンクEXCEL:47Kb
利用料免除申請書 リンクPDF:126Kb リンクWORD:38Kb
食事数申込書 リンクPDF:505Kb リンクWORD:36Kb

ページの先頭へ


宿泊料・施設利用料の免除について
幼児・児童生徒(高校生含む)その引率者が、教育課程に基づく活動として利用する場合、引率者においては児童・生徒数の1割(小数点第1位を四捨五入)とする
児童・生徒数が5人未満の場合、引率者は1名までを免除とする
保育園の場合、幼稚園の利用形態と差別する合理的な理由が無い時は免除とすることができる
身体障害者手帳、知的障害者で療育手帳の交付、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者、及びこれらの介護人が使用する場合
県及び・県教育委員会が使用する場合

ページの先頭へ


入所から退所まで

 
入所
入所予定時刻や人数等に変動が生じた場合は、必ずご連絡下さい。
持ち込み車両は、一般駐車場(プレイホール棟裏)へ駐車して下さい。
入所手続き
団体引率責任者は、到着後事務室で入所手続きをして下さい。
    1)人数・宿泊室の割り振りの確認
    2)活動プログラムの確認
利用者名簿の提出(申し込み後、変動があった団体)
入所手続き後、事務室で食数表の提出・支払い等の確認をして下さい。
宿泊室移動
シーツの受渡し場所と時間を確認し、各宿泊室へ移動して下さい。
    受取時間は17:30〜19:00、受取は一人シーツ2枚、枕カバー1枚です。
非常口、消火器、避難経路などの確認をします。
活動
各団体は、活動プログラムに基づいて展開して下さい。
団体連絡会
団体連絡会は入所手続き後に必要に応じ事務室前ロビーで行います。
入所式
各団体は、活動プログラムに基づいて展開して下さい。

入所式の例(場所は研修室かピロティー)
1)はじめのことば・・・利用者
2)校長先生の(利用団体長)はなし・・・利用者
3)所長のはなし・・・青少年の家所長
4)誓いの言葉・・・利用者
5)おわりのことば・・・利用者
6) オリエンテーション(施設利用の説明と注意)・・・青少年の家職員

清算事務
事務室で利用団体票の内容を確認後、施設使用料とシーツ料等の請求書(コンビニ払い用・食堂払い用)を発行します。
食事代は事務室にてお支払い願います。
退所確認
シーツと枕カバーを「シーツ返却場所」に返します。
清掃
清掃分担割り当て表に従って、宿泊室や研修場所及び共用部分の清掃をします。
「来たときよりも美しくを!」合い言葉に、次に利用する人の為に、宿泊室の整理・清掃、共用場所(洗面所、便所、談話室等)の片付けや、ゴミの分別処理などを行います。
青少年の家の職員が、宿泊室の整理・清掃及びゴミの分別を確認します。
退所
退所時に利用団体票、アンケート票、清掃チェック表を提出します。
施設利用料(シーツ代等の請求書)や提出物の最終確認をします。
宿泊室の整理状況、寝具の点検、消灯、戸締りなどをします。
団体責任者は事務室に退所報告をします。
退所式 返納すべき物品や忘れ物がないか、最終見回りの報告をします。

退所式の例
1)はじめのことば・・・利用者
4)感想発表・・・利用者
2)校長先生の(利用団体長)はなし・・・利用者
3)青少年の家からのはなし・・・青少年の家職員
5)おわりのことば・・・利用者

ページの先頭へ


持ち物について

宿泊する際に持ってくる物 (例)
洗面・入浴用具(タオル・石鹸・シャンプーなど)
体育館シューズ(体育館でスポーツする場合)
雨具・帽子・防虫スプレー(野外活動の場合)
懐中電灯(テント泊や天体観察の場合)
水着などを干すためのロープ(テント泊の場合)
食器用洗剤・スポンジ(野外炊飯の場合)
健康保険証(コピーでも可)
その他団体が必要なもの

ページの先頭へ

 

戻る


貸し出し備品

聴覚関係
品名 数量
テレビ 1
ビデオデッキ 1
テープレコーダ 1
ポータブルアンプ 1
ワイヤレスマイク 1
有線マイク 1
DVDデッキ 1
スクリーン 2
携帯用拡声機 2
ピアノ
小太鼓 3
大太鼓 2
星座早見盤 50
三味線 9
天体望遠鏡 1
創作活動関係
品名 数量
カッティングシート 50
カッテングナイフ 50
電気トースター 5
電気ミキサー 5
手すき用木枠 30
体育関係
品名 数量
卓球台 2
審判台
バスケット甲板 2
ボール整理かご 2
得点板 1
ストップウォッチ 1
バレーボール用具一式
バドミントン用具一式 1
グランドゴルフ用具二式 40人
綱引き用ロープ 40m
チャレンジ・ザゲーム
フリスビー 30
キャスティング・ザ・スティック 6セット
野外活動関係
品名 数量
オリエンテーリングコンパス 30
テントー式(5人用) 20
食器 200
飯盆 100
双眼鏡 8
ドラムコードリール 3
投光機 2
タイマツ 6
カヌー(4人乗り) 10
サバニ 4
ライフジャケット 40
  

  

ページの先頭へ

  

戻る

 

各種お申込用紙のダウンロードはこちら